火葬の定義と土葬の定義 | 【公式】ペットメモリアル心
BLOG

スタッフブログ

火葬の定義と土葬の定義

火葬の定義と土葬の定義

現在日本における人間の火葬率は99.9%です。明治時代に伝染病予防法が発令されて以降、衛生面や土地への影響の問題を理由として都市部を中心に土葬文化から火葬文化に変わっていきました。これからのペット葬儀に対しても同じことが言えるのではないでしょうか。

火葬とは単に遺体を焼くことではなく、日本においてはお骨を取るために焼くことを火葬と言います。地方自治体の一般廃棄物としての犬猫等のゴミ焼却炉においての焼却は勿論のこと、動物専用炉においてもお骨を取るためでなく単に焼却を行いお骨をゴミ埋立地などに埋めるのであれば、それは火葬とは言いません。

また土葬の定義とは単に土中に埋めることではなく、その場所が墓として永代(300年間)存続できる安住の土地である事と、埋めた場所がわかるような物(墓石など)があること、それが土葬の定義となります。

人間の葬儀にも様々な形があるようにペットの葬儀にもご家族が希望するいろいろな形があります。その中で私たちはペット火葬を通じてご家族にとって安らかなお別れができるように心がけます。

この度、読経オプションと生花オプションを追加いたしました。どちらとも事前確認が必要となりますのでお問い合わせの際にご確認ください。併せてスタッフブログも開設いたしました。気が向いたら見に来てください。

今後ともペットとご家族に敬意を払い感謝の気持ちを込めてお見送りのお手伝いをしてまいります。